2010年02月17日

TOP:FXの仕組み・口座選びの考え方

人気ブログランキング



FXとはみなさんもご存知の通り、
外貨為替取引、つまり外貨の両替です。

たとえば、1ドル=100円のとき、1万ドル分を買います。



その際に必要な額は、
1万ドル×100円=100万円となります。

これが101円になったとき円にもどす(売る・決裁)と、
1万ドル×101円=101万円になって戻ってきます。

(ちなみに、この際の取引額1万(ドル)を1万通貨といいます。
そして基本的に1万通貨単位で売買します。)

前後の差額、
つまり101万円−100万円=1万円の利益となるわけです。


しかし1万円の利益を得るために、
100万円を用意するのは、庶民にとっては大変難しいですよね?

ここですばらしいのが
レバレッジといういわゆる倍率なのです。
FXでは少ない資金で高い額の取引ができるわけです。

たとえば5万円で
さきほどの100万円分の取引も可能になります。

この際のレバレッジは
100万円÷5万円=20(倍)


よって20倍のレバレッジとなります。
この際の5万円を証拠金といいます。


この証拠金は、レバレッジやFX会社によって異なりますが、
いまは気にされなくてよいでしょう。


ちなみにレバレッジは
基本的に5倍程度から10〜20倍
考えておけばよいでしょう。

統計をみると10倍が多いようです。
ですのでFX会社を比較する時、レバレッジは比較対照になりません。


各会社によって、
証拠金の額やレバは変わりますので一概には言えませんが、
基本的にこの証拠金が一定の%に減ったとき
つまり含み損を一定の割合以上抱えてしまったとき、
強制的に反対の決済(損失確定)を
されてしまうロスカット(LC)というものがあります。

それまで順調に勝っていたとしても、
一回のLCで大怪我をすることもありうるわけです。


ですが、
逆に言えばこのLCの割合をうまく計算(コスト管理)すれば
LCはされにくくなるともいえます。

ちなみに、よく塩漬けトレーダーともいわれますね。






もちろん資金を効率よく運用したいかたもいるでしょう。
そういうかたはデイトレスキャルピング
トレードします。

たとえばドル円で90.25−28というように、
25−28とはなれていますよね。

これは左が売る(bid)際の値段、
右が買う(ask)際の値段となるわけです。
この場合は3銭離れています。



買ったときにはもう含み損からスタートとなるわけです。
これをスプレッド差といいます。
すぐに含み益にしたいため、
デイトレの方はこのスプレッド差が狭いほうがいいですよね?

ちなみに、会社によって、また通過ペアによって
このスプレッド差は違います。
固定のところもあれば、大きく離れているものもあります。







次に、長期で運用されるかたもいます。
こういう方はスワップポイントという金利収入で利益を得ます。

これは逆に金利を払うこともありますので注意が必要です。

二国間では金利差があります。
これをスワップポイントといいます。

銀行で言う金利ですね。FXの場合毎日つきます。

このスワップも会社ごとに違いますので、
FX会社を選ぶ際の比較対照になります。






また、会社により手数料を取る会社もあります。
手数料を取る会社は、比較的スプレッドが狭いところが多いようです。


FX会社の収入は、主に手数料と先ほど話したスプレッド差です。
(あなたが通貨を買ったということは、誰かが通貨を売ったということです。
その仲介がFX会社と考えればよいでしょう。)





FXは各国の経済指標の発表や経済事情、政治問題、戦争など、
いろいろ複雑に絡み合います。


ですので、
情報をいちはやく知るということも大事ですよね。
そこで大事なのが取引ツールです。
また、テクニカルも大事な分析方法のひとつですね。




それと、
贅沢にもマイナーな通貨ペアを取引したい方もいるかもしれません。
そういうかたは通貨ペアが大事ですね。
しかしながら、メジャー通貨だけでも十分ですので、
初心者のかたはあまり考慮しなくてよいでしょう。


もしくは一発バクチのハイレバ
取引したい人もいるかもしれません。
そういうかたはハイレバが可能かどうかが大事でしょう。
もちろんスプレッド差も狭いことが大事ですね。



資金が少ない方は1万通貨でなく、
千通貨5千通貨を扱える会社が大事です。
ぎりぎりの資金で運用してしまっては、
もし負けたときすぐに退場してしまいますので。


ちなみに、先ほど示した例では、
レバ20倍の時、証拠金は1万通貨で5万円でしたが、
これが千通貨のときは5千円と考えればよいでしょう。


たとえば千通貨証拠金5千円の条件で
ドル円を5千通貨で取引し、50銭利益をとったとき、
5000(通貨)×0.5(円)=2,500円の利益となります。
資金が少ない方は千通貨が扱えるFX会社が必須条件ですね。




いかがですか?
ここまででも選ぶポイントがたくさんでてきましたね。

しかしながら、すべての条件を満たすFX会社は存在しません。
ですので、自分の取引方法にあった条件で
優先的に会社を選ぶのが適切でしょう。



よくランキング形式で掲載しているところがありますが、
資金も投資スタイルも人それぞれみんな違いますから、
一概にここがよいということはありえないのです。


あくまであなた自身の取引方法にあったFX会社を選ぶべきなのです。






優先する点をまとめましょう。

・塩漬けトレーダーはLC
・デイトレ、スキャルピングの方はスプレッド
・長期の方はスワップポイント
・バクチトレーダーはレバレッジ


その他
・ツール用として利用
・キャンペーン狙いで開設



以上を踏まえた上で
FX会社を選ぶべきではないでしょうか?
それぞれ選ぶポイントがわかってきましたか?




多くの人は取引方法によっては使い分けるかたも多いですし、
口座を持つ自体は無料ですので、いくつか持っておいて損はないでしょう。

また先ほど記載しました、LCの管理も大事ですので、
なおさら同じ口座であれもこれもというのは無理があるでしょう。

つまり、たとえば長期でポジションを持ち、なおかつデイトレもするとなると、
スワップ金利を優先すべきなのか、スプレッドを優先すべきなのか
わからなくなりますよね?

ですので、成功しているFXトレーダーは必ず口座をいくつか持っています。



ちなみに口座を開設するだけでお金がもらえるところもありますので、
そちらもご紹介させていただきます。


こちらのサイトでは
それぞれのニーズにあったFX会社をご紹介します。
きっとあなたに適したFX会社が見つかるでしょう。




実際の取引の前に
バーチャルFXで体験してみましょう。
通貨ペア120以上。GFTバーチャルFX無料体験はこちらから




最後に、当サイトを読んでいただきありがとうございます。
当サイトは直接FX会社口座開設サイトに正式にリンクしています。

ですので、キャッシュバックキャンペーンなど、
当サイトを経由していただきますと、
キャンペーンの対象となることができます。



それでは、
まずはあなたの希望取引方法から
このページの上部にあるカテゴリを開いてください。
また、各カテゴリの最後に私のおすすめも記載しておきました

B.N.F神王リュウむらやん羊飼い三空内田イグゼロラグザらぐざデイトレスイング億株FX比較



http://blog.with2.net/link.php?978078


最新フラッシュ光美容器!レイボーテエクストラ



TRIAオフィシャルサイト


自宅で本宅脱毛と美顔が格安1台で!「ケノン」



拍手する
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。